カタール Qatar

子連れカタール完全ガイド!旅行前に読みたい情報全てまとめました(観光・ビザ・治安・物価)

カタールは中東の富裕国ならではのゴージャス感が魅力で、首都ドーハは1993年に行われたサッカーの日本代表戦「ドーハの悲劇」でもその名が知られていますね。

ドーハは旅行や観光にも便利な大都市で、ポストドバイと言われる近代的な高層ビル群からアラブ風の市場や建築物、砂漠ドライブやサマーアクティビティなど魅力的なスポットがいっぱいです。

今回は、そんなカタールの基本情報や観光情報を完全保存版でご案内します!

mari
mari
旅行前に必要な情報を全て詰め込みました♡
東京⇔中東の航空券はアジアの経由便が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!
往復たった6万円のチケットをとったことも・・・。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!アジア経由は疲れるのでエミレーツやカタールなどのエアラインがおすすめです♪

公式サイトスカイチケットで中東への格安航空券をみてみる


カタール旅行おすすめ度

各国を周遊した私が独断と偏見でおすすめ度をまとめてみました!

海外初心者向け
ショッピング
食事のおいしさ
物価の安さ
言葉の通じやすさ
子連れおすすめ度
ベビーカーおすすめ度

日本からカタールへは、カタール航空が成田と羽田からドーハ行きの便をそれぞれ毎日運航しています。東京から所要約12時間、ドバイからは約1時間です。

出稼ぎ労働者が多いために英語が通じることが多く、ドーハに限って言えば旅行はとてもしやすいです。

ハマド国際空港からドーハ市内までは車で約30分ですし、一日もあればドーハの主要観光地は全てまわることができます。

実は以前ドーハは、旅行者の間で「世界で最も退屈な町」と言われていたのですが(笑)、近年急激な発展を遂げたカタールには近代的な高層ビルが立ち並んでおり、旅行者向けのスポットも充実して来ています。

keiko
keiko
ドバイに比べてカタールはゆったりした雰囲気があり、出稼ぎ労働者もドバイよりもギスギスしていない気がしました

物価はあまり日本と変わらないのですが、アラブ料理以外にもファーストフードや各国料理など食のバリエーションは豊かです。

ハマド国際空港は子連れ向きの施設やサービスが充実していますし、ショッピングモールやホテルのトイレにはオムツを替えられるスペースがあります。

押さえておきたいカタールの観光情報

カタールのベストシーズンとおすすめの服装

カタールの気候は、砂漠らしく、春と秋はほぼなく、長い夏と冬があると言う感じです。

10月~4月は気温が下がりその中でもカタールのベストシーズンは11月~3月最高気温25度前後、最低気温15度前後と過ごしやすいです。

mari
mari
サマーアクティビティなら4月上旬から5月上旬もしくは10月中旬から11月下旬がおすすめ!

ほぼ毎日晴天ですが、数日まとまって雨が降ることもあり、その場合でも半日程度で止みます。

4月~10月はとても暑く、その中でも6月~9月は、40度台後半から50度に達することも・・・。

しかし、室内はどこにいても冷房がギンギンに効いているのでしっかりと羽織るものを持って行きましょう!

日本に比べて日差しも強く、乾燥もしているので、日焼け対策・保湿対策も忘れずに☆

3月~8月や季節の変わり目には、シャマールという砂嵐が吹くことがあり、数年に一度交通に支障をきたすこともあります。 

また、旅行者はそこまで神経質になる必要はありませんが、ムスリム(イスラム教徒)が多い国なので、女性はキャミソールや短パン、ミニスカートなどの過度の露出は控えましょう

関連記事日本人ムスリムが伝授!イスラム諸国を旅する際の注意点

カタールの通貨・両替情報

カタールの通貨はカタールリアル (QAR) 。2019年9月現在、約29.09円/カタールリアルです。

あくまでも目安ですので、正確に知るには通貨換算アプリなどを利用すると便利!

こんな便利なアプリもあるので旅行前にダウンロードしてみてください♪
通貨電卓アプリ「Currency」で為替ルートを気にせず現地通貨を楽々計算!

日本円から両替できる場所もありますが数が限られているため、日本からカタールに来る際は円をドルに両替しておくと便利です。

ハマド国際空港の中や、ドーハの街中でもATMや両替所は簡単に見つけることができます。

両替については空港やホテル、市内両替所などで行えますし、ホテルやレストランなどクレジットカードが使えるところも多いですよ!

関連記事元クレカ社員が選ぶバリで得するおすすめクレジットカード4選

カタールの物価

カタールの物価は基本高めで、日本とそこまで変わりません。

観光客が多い場所にあるレストランなどは日本と同じ位の値段で、他には中級レストランでの食事や、スーパーでも欧米や東アジアから輸入された食品、電化製品も割高。

日本と比べて安いものといえば、ガソリンタクシーで、高級ホテルでの食事、ビール、ブランド品、医療サービスの料金も割安に感じます。

また、カタールも出稼ぎ労働者が多く、ローカル食堂では安く食べることができます。

ハマド国際空港の両替所に、ドーハ滞在で目安となる項目についての金額が案内されていたので、参考にしてみて下さい!

photo by Keiko

mari
mari
二人での価格ですのでご注意を!
  • 3日間/6日間の滞在 3500リアル/6500リアル
  • ヴィラジオモール/ウェストベイまでのタクシー代 80リアル/90リアル
  • 五つ星ホテル/四つ星ホテル 11000リアル
  • ランチ/ディナー 250リアル/180リアル
  • 映画 35リアル
  • ドーハバス(24時間有効の観光バス)81リアル

ディナーよりランチの値段が高いのは、アラブではランチが一日のメインであることが多いからです。

スーク(市場)や個人商店では値札はなく、値段交渉をする必要がありますが、事前にホテルの人に聞いたり、スーパーなどで物価を確認できる物は確認しておきましょう。

タクシーも地方では交渉制となります。

mari
mari
所変わればでおもしろいですね~♪

カタールのチップ

カタールでは基本的にチップの習慣はありませんが、緊急で特別に対応をしてくれたり、良いサービスを受けたなと思ったら気持ち程度に支払うことをおすすめます。

以下、おおよその目安として参考にして下さい。

高級レストランなどでお会計の際に5~10%程度のチップを置いてあげると喜ばれます。(ビュッフェは必要ありません。)

クレジットカードで支払う場合は、請求金額に対してチップ相当分を請求レシートのサービス欄に記載し、利用金額とチップ相当額を合算した金額を支払います。

ホテルのドアマンやポーター(ベルボーイ)にタクシーから荷物を下ろしてもらったり、タクシー手配や、荷物を積み込むなどをもらったら1ドル相当のチップを渡しましょう。

ルームサービスで飲み物や食事を運んでもらった場合も1ドルです。

ベッドメイクは、五つ星クラスは1人につき3~4ドル程度で、その他のホテルは1ドルですが、安宿の場合必要ありません。

mari
mari
個人的にツアーやマッサージの場合は早めに渡しておくことをおすすめします。対応がよくなる可能性が高いので(笑)

カタールの注意点(ビザ・治安・医療費)

カタールのビザ

日本国籍であれば、30日間の滞在許可であればビザの取得が免除されています。

30日以内であれば複数回の入国も可能で、手続きをすることにより更に30日間延長することも可能です(カタール内務省のホームページ上での手続きが必要)。

カタールの治安

2019年9月現在、外務省の海外安全ホームページでは危険情報や感染症危険情報は出ていません。

カタール政府が治安対策に力を注いでいることもあり、治安は全般的に良好と言えます。

ただし、件数は少ないもののドーハ市内の一部地区や郊外で、強盗・空き巣・自動車窃盗等の犯罪や、ショッピングモールや空港、ドーハ市内のバスターミナル等で、スリや置き引き被害発生しています。

女性は単独よりも男性と一緒に行動する方が良く、都心でも町中は真っ暗な場所が多いので一人歩きは避けて下さい。郊外では歩道や街頭がない区間もあります。

また、現時点でカタールにおいてテロによる日本人の被害は確認されていませんが、今の時代いつどこでテロが起きてもおかしくありませんので、念のため渡航前にたびレジなどの安全情報の登録をしておくことをおすすめします。

カタール治安・危険情報!旅のプロが教える6つの注意点と安全対策

カタールの医療費

最新の設備を有する国立ハマド総合病院がありますが、賃金の安い国からの医師・看護師の雇用が多いため、医療水準には若干の問題があり、私立病院の方が安心です。

国立病と私立病院の見分け方ですが、やはりホテルの人に聞いてみるのがいいかと思います。

ただ、転落事故・交通事故など警察の介入が必要な場合は初めに国立病院で診断をうける必要があり、また、重度外傷、狭心症・心筋梗塞、脳血管障害など重篤な疾患は国立病院で治療されます。

私立病院は5つの主要私立総合病院と219カ所のクリニックがあります。(2018年)

大きな私立総合病院は、アル・アハリー病院(Al Ahli Hospitalドーハ・クリニック病院(Doha Clinic Hospitalアル・エマーディー病院(Al Emadi Hospitalドーハ・アメリカン病院(American Hospital Dohaです。

わざわざ病院へ行くような重い病気である場合、高額な医療費を請求されることにもなりかねません。

水も違い気温も暑いので旅行中は体調を崩しがちですし、交通マナーが悪いので事故に巻き込まれてしまったなど万が一の時に備えておくのがベストです。

必ず海外旅行保険に入っておきましょう!

無料で海外旅行保険が付いてくるお得なクレジットカードをくわしく説明しているので、海外旅行保険をどうするか悩んでいる方はぜひ読んでみてください♪

関連記事年会費無料で海外旅行保険付きのおすすめクレジットカード

カタールの交通手段

カタールの公共交通機関は、タクシーとバス、地下鉄です。

バスに関しては、運行のルートがわかりにくかったり、一般的に自動車運転マナーが悪く事故が多く、地下鉄は2019年5月に一部開通し運行が開始されたばかりなので、行者におすすめなのはタクシーです。

フェニー
フェニー
バスに乗るのは、ほぼ現地の男性労働者と言うイメージです

タクシーは国営のカルワタクシーと言う水色のタクシーがあり、基本的にドーハ市内ではメーターを使ってくれるので、安心して利用できます。支払いは現金のみで、クレジットカード払いはできません。

平日のラッシュ時間(午前6時~8時頃、午後4時~6時頃)はひどい渋滞ですので注意が必要です。

最近ではUberCareemといった配車アプリもかなり使われており、メータータクシーより安い料金だったり、カードの引き落としで現金のやり取りなしで支払いができるのでとても便利です。

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

Careem كريم - Car Booking App

Careem كريم – Car Booking App

Careem無料posted withアプリーチ

Uberは紹介コードyts322sbueを招待コードに入力すれば初回の利用が割引になってお得です♪

フェニー
フェニー
Uberについて詳しく知りたい方は「「Grab」と「Uber」徹底比較!配車アプリの特徴とメリットまとめ」という記事をあわせて読んでみてください。

カタールのネット環境

カタール旅行ではGoogleマップを常に使っているのでネットが使えないというのはありえません。

ホテル、飲食店など多くの場所で無料のWi-Fiを利用できますが、無料Wi-Fiだけでは移動中にネットが使えなくて不便ですし、安全面でも不安が残ります。

そこで、一番のおすすめは現地に着いたら空港でSIMカードを購入すること!

英語が苦手だったり、SIMフリーの携帯を持っていないなら海外Wi-FiレンタルのグローバルWiFiイモトのWiFiを事前に日本から手配するのが良いと思います。

https://ohayotourism.com/about-internet/

関連記事カタールのネット事情とおすすめWiFi徹底検証

とにもかくにもインターネットは必須です♪

カタールのおすすめガイドブック

カタールに関する単体での書籍は少なく、アラビア半島について細かい情報も網羅した地球の歩き方がおすすめです。

カタールの世界遺産


photo by Mohamod Fasil

カタールには1つ世界遺産があります。

アル=ズバラの考古遺跡 (2013年)

ペルシャ湾岸地域では紀元前から真珠の採取が盛んで、アル=ズバラはその交易拠点として18世紀に築かれ、今でも当時の姿を垣間見ることができます。

周囲を城壁と砦が取り囲んでいたとされていますが、現存するのは城砦1基のみで、かつてあった宮殿やモスク、街路、中庭、漁師小屋なども、今も砂に埋もれています。

ドーハの人気観光地

カタールの首都ドーハで日本人に特に人気の観光地・都市をまとめました。

カタラ文化村

カタラ文化村(Katara Cultural Village)は24時間営業の、レストランやカフェ、コンビニをはじめビーチやイベント会場などを有する複合施設です。

様々なイベントが開催されており、移動にはカートも利用できます。

外観が美しいので散歩をしたり、映画館もあるため、時間があってゆっくり過ごしたい時にもぴったり♡


photo by Rami Mansour

グランドモスク


photo by Ahmed Naazim

グランド モスク(State Grand Mosque)は2009年に完成した、カタールで一番大きいモスクです。

王宮に隣接していて、小高い丘の上にあるので、ドーハの高層ビルの街並みを眺めることも出来ます。

カタールではモスクにはイスラム教徒しか入ることができませんが、こちらのモスクは事前に予約をすれば、お祈りお時間でなければ異教徒であっても中を見学できます。

外観だけでなく、内部の天井の装飾も美しいので、ぜひゆっくりと見学してみてください♪スタッフの方々も親切でフレンドリーで親切です。

スーク・ワキーフ


photo by Ralf Steinberger

スークとはアラビア語で市場という意味で、昔ながらのアラブ風のお店が並んでいます。

100年前ベドウィンの週末バザールで、伝統的なカタールの建築様式を保存するために2006年に改装されたので、比較的新しく綺麗です。


photo by Keiko

伝統的な衣服、スパイス、ドライドライフルーツ、伝統工芸品だけでなく、現代風のレストランやカフェ、シーシャラウンジもあります!

mari
mari
ほとんどのお店でUSドルが使えます

photo by Keiko

また、徒歩圏内にスークワキーフ・ブティックホテル(Souq Waqif Boutique Hotels)と言うホテルがあり、雰囲気は落ち着いていて、特にロビーはアラブ調でとても素敵でした!

イスラム文化センター

photo by Keiko
グランドモスクが出来る前はカタール最大のモスク(今でも高さでは一番!!)で、スーク・ワキーフからも徒歩で行くことができます。

keiko
keiko
建物が特徴的で、少しバベルの塔やバグダッド郊外のマルウィーヤ・ミナレットに似ていて好きなテイストです

モスク以外の部分はカルチャーセンターになっており、どちらかというと観光よりもイスラム教について詳しく知りたい人向けの施設で、イスラム文化に興味がある人にはとても良い場所だと思います。

無料でイスラム教のレクチャーをしてもらえたり、アラビア語のクラスがあります。

カタールのオプショナルツアー・チケット情報

様々な楽しみ方ができるカタールですが、郊外の観光スポットへの移動やアクティビティを個人で手配するのは、慣れない人にとっては至難の業。

そこで、現地ツアーを利用するのも一案です。カタール現地ツアー予約ならベルトラがおすすめ。

mari
mari
最近海外旅行に行くときはベルトラのツアーを気に入って使っています!
個人旅行でも日本語ガイドがあれば安心

ベルトラ
公式サイトをみてみる

カタールのお土産

photo by selfthy
カタールの代表的なお土産は浅煎りのコーヒーとカルダモンなどの香辛料を煮込んで作るアラビックコーヒーやドライフルーツスパイスです。

代表的なドライフルーツは中東の特産品であるデーツ(ナツメヤシの実)で、栄養価が高くて健康に良いと言われています。日本では小分けでも高いのでこの機会にぜひ!

keiko
keiko
デーツをチョコレートやナッツでコーティングしたスイーツもあります

インテリアとしてシーシャ(水タバコ)やコーヒーを入れるためのダッラーと呼ばれるポットもエキゾチックで素敵です♪


photo by Keiko
また、カタールは真珠が多く採れることでも有名で、スークではネックレスやピアス、ブレスレットなどのアクセサリーが売られています。

お値段は少ししますが、カラフルに色づけされた真珠も多くあり、養殖真珠であれば少し値段が下がります。

スークワキーフに近いコルニーシュ(海岸)には真珠のモニュメントもあり、ここから見える新市街の高層ビルの夜景もとても綺麗です。

photo by Martin Belam

子連れカタール

ベストシーズンを除き日中は大変暑いので、小さい子連れは特に観光に向きません。日中はショッピングモールやホテル内でのんびりするのがおすすめ。

カタール航空やハマド国際空港は子連れ向きの施設やサービスが充実していて、大きな滑り台が幾つかある子供の遊び場が複数あったり、無料の貸し出しベビーカーもあります!

ショッピングモールやホテルのトイレにはオムツを替えられるスペースがあること、ほとんどのレストランは子供の入店が可能です

イスラム教では女性と子どもをとても大切にするので、特に旅行者が困っていれば積極的に助けてくれますし、子どもに優しく接してくれると思います!

カタール基本情報

正式名称はカタール国

カタールは陸で接するのはサウジアラビアだけで、国土のほとんどが砂漠です。

昔は定住型の暮らしを営むことができず、遊牧生活をしていたものの、油田があり、液化天然ガスによる莫大な収入に支えられ、単独首長で独立国となりました。

首都 ドーハ
面積 1万1427km2 (秋田県とほぼ同じ)  
人口 約264万人
公用語 アラビア語
宗教 イスラム教(スンニー派が大多数)
時差 -6時間

人口のうち、現地人であるカタール人は約10%程度しかおらず、それ以外の約90%はインドやパキスタン、フィリピン、ネパールなどからの出稼ぎ労働者です。

あもちゃん
あもちゃん
アラブにはこのような出稼ぎ労働者が大半をしている国がいくつかあります。オイルマネーすごい・・・

カタールの食事・グルメ

カタールに行ったらぜひアラブ料理を試して欲しいです!

keiko
keiko
アラブ料理は辛くなく、煮込み料理も多いので日本人の口に合うと思います!

中東らしい主食はホブズと言う薄いパンで、色々なものの付け合わせとして出て来ます。

その他代表的なアラブ料理としてファラーフェル(ヒヨコ豆のコロッケ)やホンムス(ヒヨコ豆ののディップ)、ケバーブ(肉のミンチを炭火で焼いたもの)、シャウルマ(中東風サンドイッチ)などがあります。

mari
mari
どれもめちゃくちゃ美味しいですよね・・・!大好き!!

ハリース(スパイス風味のお粥)マクブース(スパイスを使った炊き込みご飯)といったカタールを含む湾岸諸国の伝統料理もぜひ機会があれば試してみて下さい☆

また、年齢に関わらずイスラム教徒の飲酒は禁止されていますが、旅行者は政府から許可を受けたレストランやホテルで飲酒が可能です。

アラビア語・あいさつ

アラビア文字は右から左に書きます。アラビア語は「フスハー」と言う標準アラビア語と、日常会話で使われ、国や地域によって大きく異なる「アンミーヤ」と言う方言があります。

せっかくの旅行なので簡単な挨拶だけ覚えていきましょう!

  • こんにちは:السلام عليكم  アッサラームアライクム 
  • こんにちは(返答):و عليكم السلام ワライクムッサラーム
  • ありがとう:شكرا シュクラン お礼の言葉は大事

この三つのフレーズはアラブ諸国どこへ行っても通じますし、「アッサラームアライクム」はムスリム(イスラム教徒)同士の挨拶でもあるので現地の人もとても喜んでくれます。

mari
mari
挨拶をするだけで、「え、どこで覚えたの?」「君はもうムスリムの一員だね!」と大歓迎を受けますよ♪

カタールの歴史

紀元前カタールにも人が居住していたことが分かっており、カタールの西海岸からは6000年前頃のものと思われる手斧などが発見されています。

ペルシャ湾はメソポタミア文明と湾岸南部やインドをつなぐ重要な水路で、紀元前5世紀ギリシア人歴史家ヘロドトスはカナン人をカタールの住民としてその著書で言及しています。

イスラム教が誕生した7世紀、カタールの首長は直ちにイスラムを受容し、自分の勢力を近隣アラブ諸国に遠征したイスラム軍に参加させています。

661年に成立したウマイヤ朝の時代、カタールもその勢力下に入り、現在のシリア、イラクと南アラビア、インド間の交易の中継地点として、また、カタール北部に設立されたダチョウの市場により活況を呈しました。

8世紀半ばに成立したアッバース朝時代、カタールは同王朝からの経済的支援を受け繁栄しました。

アッバース朝の衰退と共にペルシャ湾交易ルートも衰え、16世紀頭、ポルトガル人が湾岸地域に進出してきますが、カタールは最盛期を迎えていたオスマン帝国と提携しポルトガルを追放します。

17世紀にはオランダ人が湾岸地域の支配権を確立しましたが、まもなくイギリス人がオランダ人を追放して、その後約2世紀半にわたって、カタールでの絶対的優位を確立します。

現在のカタール人の先祖は、16世紀から18世紀にかけてアラビア半島から移住してきたアラブ人です。

その後カタールではサーニー家がドーハを中心として勢力を伸ばし、1868年、ムハンマド・ビン・サーニーがイギリスと海上での戦争禁止を旨とする合意を結びました。

1871年、ペルシャ湾のほかの全ての国々と同様、カタールもオスマン帝国の影響下に入りますが、その後第二代首長ジャーシムは、1893年にオスマン帝国がカタールに派遣した軍隊を撃退し、サーニー家の支配を確固たるものとしました。

よって、現在カタールはこの第二代首長ジャーシムを実質的な建国者とみなし、同首長が即位した12月18日を国祭日としています。

1913年のイギリス・トルコ協定でカタールの自主権が認められ、1916年、第三代首長アブドッラーはイギリスとの間に保護条約を締結し、イギリスの保護下に入ります。

1968年1月、イギリスが財政困窮を理由に1971年までにスエズ運河以東から軍事的撤退を行うことを宣言して以来、カタールを含む9つの湾岸首長国は連邦結成の努力を続けました。

しかし、1971年8月バーレーンが単独独立を宣言したのに続き、同年9月、単独独立を宣言しました。

wikipediaで更に詳しい歴史を見る>>>カタールの歴史

カタールの基本情報まとめ

近代的な高層ビル群とアラブらしい雰囲気を味わえる市場やモスクなどのイスラム建築が融合した国カタール。

英語も通じて治安も安定しているので、旅の初心者や中東やイスラム教についてあまり知らない人でも、安心して旅行できる国だと思います。

高級ホテルや趣向を凝らしたショッピングモールでは湾岸諸国ならではのゴージャス感も味わえると思います。

そんなカタールにぜひ一度足を運んでみてください!

次へ>>世界60か国以上を旅した私が旅好きにおすすめするクレジットカード5選

すべての記事をみる

 

ドーハおすすめホテル

ドーハでぜひ泊まっていただきたいのが バナナ アイランド リゾート ドーハ バイ アナンタラ!!

ドーハでまさかリゾートに滞在できるなんて想像できなかったと思います。

フェリーでたった20分。アラビアデザインでゴージャスなアナンタラは想像を遥かに超える素晴らしホテル。

子供用のCool Mintキッズクラブ、Peppermintティーンクラブでは、様々なおもちゃやインタラクティブなゲームが用意されていて、ファミリーにもおすすめ!

ドーハの滞在を素敵にグレードアップさせちゃいましょう♡

アナンタラの
料金をチェックしてみる

マイルを貯めて世界一周!

旅が好きすぎて毎月海外旅行!
お金がなくてもマイルを貯めれば
無料で海外旅行に行けちゃいます

なんと!!マイルを使って
家族で世界一周を実現しました♪

一緒にマイルを貯めて家族旅行!

気になる方は今すぐチェック☆

初心者のための
マイル講座